スポンサーリンク

こんにちは、あきほ(@arkeninger)です。

今回は僕がよく行く富士山一周ドライブのコースをご紹介します。富士五湖あたりも出てきます。

僕は浜松市民なのですが、1~3ヶ月に1回くらいは富士山に行っています。我ながらなかなかの頻度だと思いますが、富士山の景色は何度見ても飽きません。途中、スポットもたくさんありますので、組み合わせを変えて何度も行ってしまいます。今回はそうした富士山周辺の個人的おすすめスポットを紹介していきます。

長くなるので以下のようにエントリーを分けます。

  1. 朝霧高原編 (このエントリーです)
  2. 本栖湖・青木ヶ原樹海・鳴沢村編
  3. 西湖・河口湖・富士吉田編
  4. 山中湖・須走・御殿場編

 

今回はまず朝霧高原編です。

僕は浜松からいつも下道で国道1号を通って富士山に行きます。富士山には南西から近づき、西側、北側を通り東側へ抜け、南東に抜けていきます。今回もその順番でご紹介していきますので、逆に回る人は後ろから読むといいと思います。

 

朝霧高原のドライブコース

富士宮方面から北上していくと朝霧高原という高原を通過します。ここは片側1車線ですが直線的で走りやすい道がずっと続いています。右手には途方も無い広い空間でたくさんの牛が放牧されています。ここから見える富士山が早くも絶景です。左手は高い山がそびえており、タイミングが良ければハングライダーで飛んでいる人が見えます。

この道の沿線には今回は省略しますが『白糸の滝』『まかいの牧場』などのスポットもあります。

ドライブコースとしては特に楽しいというわけではない道ですが、とにかく開放感と富士山の景色がいいので、あえてゆっくり走りたくなる道です。

 

道の駅 朝霧高原

早速ですがここは富士山ドライブの個人的メインスポットの一つです。まず富士山の景色がとてもいい。近いだけでなくやはり魅力はその開放感でしょうか。標高も高いので空気が澄んでいて気持ちよく、晴れていると本当にいい気分になります。

ここに行くのは午前中がおすすめです。というのも、午前中の方が晴れている可能性が高いからです。

午前中は太陽が富士山の南東から照らしていますから、日光の当たる南東側の雪が溶けて雲が発生しがちになります。ですから、それとは反対の西側にあるこの地域からは午前中であれば雲がかかっていない富士山が見られるというわけです。逆に午後は雲が発生しがちになります。

 

ここの道の駅は人も多く、観光バスもやってきます。目玉はなんといっても朝霧高原のブランドポークである『朝霧ヨーグル豚』を使ったソーセージやベーコンでしょうか。朝霧高原の牛の牛乳で作ったヨーグルトを食べて育った豚だそうで、地産地消のうえに地産地消という感じです。

試食もあります。

『朝霧ヨーグル豚』はとてもジューシーで柔らかい肉質で、他の地域のブランドポークと比べても肉汁が非常に美味しく感じます。チーズ、辛口など味付けもいくつかありますが、個人的なおすすめは軟骨です。ソーセージの中に軟骨が練りこまれており、ジューシーさがさらに増しています。もう一つおすすめはベーコンで、厚切りにして焼けばビールのアテに最高です。

ここに来るといつも大量に肉を買い込んでしまいます。小型のクーラーボックスがあると役に立つでしょう。

 

また、朝霧高原の牛乳が瓶に入って売っています。その場で飲めます。ノーマルな牛乳も美味しいですが、隣に同じように売っているコーヒー牛乳も絶品です。

 

あさぎりフードパーク

こちらは先の道の駅 朝霧高原に併設の施設です。

フードパーク自体にも駐車場がありますが、道の駅 朝霧高原から直接歩いて入ることができます。車は道の駅の駐車場に置きっぱなしにできます。

こちらのストリートビューは上空からの景色で、富士山と、画面を回すと道の駅 朝霧高原、それにフードパークを一望できます。

 

あさぎりフードパークは名前の通り、美味しいものがたくさん集まって非常に罪深い空間です。朝霧高原や地元富士宮の食材を使った加工食品店や菓子店、レストランなどがあります。

個人的おすすめは屋台で売っている、朝霧高原の牛乳で作ったチーズがたっぷりのピザや、同じく朝霧高原の牛乳で作ったバターのじゃがバターです。罪深い。罪深すぎるぞ。

富士宮産のさつまいもを使ったさつまいも菓子専門店『芋工房かくたに』もあり、そちらで食べられる大学芋やポタージュスープも絶品です。写真がなくて申し訳ないのですが、ぜひ一度食べてみていただきたい罪の味です。

 

2019年6月11日追記

その『芋工房かくたに』さんの公式Twitterに当ブログをご紹介いただきました! ありがとうございます!

 

ここだけでお腹がいっぱいになってしまうのでお昼ご飯が要らなくなるかもしれません。

 

②本栖湖・青木ヶ原樹海・鳴沢村編に続きます。

静岡・山梨の魅力を満喫! 富士山一周ドライブの見どころ(②本栖湖・青木ヶ原樹海・鳴沢村編)

.

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です