スポンサーリンク

こんにちは、あきほ(@arkeninger)です。

先日、友達(既婚女性)がキットカットのアソートパックを買いました。コストコで売っている箱入りのやつです。彼女はそれを家に持ち帰り、ご主人と「1日1個にしようね」と約束したところ、次の日早速ご主人にめっちゃ食べられていた、一生許さない、と怒っていました。彼女はこれを受けて、すぐ食べられないようにキットカットを冷凍したとのことです。

それを聞いた僕はこう思いました。「まてよ、冷凍キットカットってちょっとおいしそうだな……」と。そして何の気なしにTwitterにつぶやいたわけです。

するとキットカットの公式アカウント(@KITKATJapan)さんのエゴサーチに引っかかったのでしょう、こんなリプライが飛んできました。

 

まずはキットカットを凍らせます

アソートパックに入っていた味は『無印(普通のミルクチョコ)』『ビター』『抹茶』『ラズベリー』の4種類。それぞれ冷凍庫に入れて24時間ほど凍らせました。

肉に混じって無造作に冷凍庫に放り込まれるキットカット達。美味しく育つんだぞ。

24時間経ちました

丸1日が経過していよいよ食べごろです。キットカットを冷凍庫から収穫します。4つの味を食べ比べてみましょう。

食べます

まずは無印(普通のミルクチョコ)からです。封を切って中身を取り出してみると、何の変哲も無い冷えたキットカットが出てきました。うーん、見た目には、冷えていること以外、常温保存のキットカットと違いは認められません。

気を取り直して、早速食べてみましょう。二つに割ってみると、パキンと小気味良い音を立てて割れてくれました。かじってみると……特に目立った変化はなさそうです。

冷凍室で保存したことで例えばシャリシャリ食感になっているでもなく、口に含んでみてもチョコ自体の温度がそこまで冷えているわけでもなく……これは普通に冷蔵庫で冷やしても変わらないのでは???

一応他の味も試してみる

うん、同じ感想です。

チョコの温度が下がっていることによって食感が硬めになり、パキンと気持ちよく割ってかじることができる、同じくチョコの温度が下がっていることで口の中に入れた後の保ちが良い等の変化はあります。しかし、それは「冷凍」によって得られたものと言うよりは、「冷蔵」でも変わらない結果になりそうです。

誤解を招かないように特筆しておきますが、冷やしたキットカット、確かに美味しいです。個人的には常温より好きです。しかし「冷凍」ではなく「冷蔵」で充分そうです。あえて「冷凍」したことによる特別な変化は、今回感じることができませんでした。まあ、チョコレートだしね……。

冷やしキットカット始めました

「冷凍」にこだわってしまったので少し残念な感想を持ってしまったのですが、冷えたキットカット自体は普通に美味しいです。美味しかったのでもういくつか冷やしておきました。皆さんもキットカットを食べるときはぜひ冷やして食べてみてください。

……あっ

友達はこう言っていました。ご主人がすぐには食べられないようにキットカットを冷凍した、と。

冷凍したキットカット、別に解凍が必要だったわけでもなく、普通に食べられちゃいました。しかも美味しかった。

これでは、ご主人がすぐ食べられなくなるどころか、もっとたくさん食べてしまうのでは……???

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券を使うのがお得です!

ギフト券と言っても自分で自分に使うんです。

Amazonギフト券のチャージタイプは好きな金額をチャージしてAmazonの支払いに使うことができるものですが、現金チャージの際に通常会員で最大2.0%、プライム会員は最大2.5%のボーナスポイントが付きます。

今まで普通に支払っていたところを、まず一度ギフト券を購入して、その残高から買い物をするだけ。Amazon用の財布を持つような感覚ですね!

残高の利用期限も10年とほぼ無視できるレベルに長いので、期限切れの心配もありません!

Amazonギフト券チャージタイプ

 

どうせAmazonで買い物をするならデメリットは特にないので、使わない手はないですね!

 

クレジットカードの人はこちらのキャンペーンで同じく0.5%のボーナスポイントがつきます!

クレジットカード派の人もお得にAmazonでお買い物しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です