スポンサーリンク

こんにちは、あきほ(@arkeninger)です。

今回は久しぶりにiPhoneアプリの紹介です。

Download on the App Store

 

 

 

 

表題の通り“minical”というカレンダーアプリなのですが、試しに使ってみてすぐに「これはとてもいいアプリだ」と感じ、速攻で一軍入りした経緯があります。

みなさんもぜひ試してみてください。

 

 

“minical”はシンプル志向のカレンダー

“minical”の最大の特徴はシンプルでミニマルなこと。必要な情報だけが見やすく表示されていて、冗長でないという、正しいシンプルさです。

 

最近はカレンダーアプリに限らずシンプルなデザインがブームなこともあって、表示が最低限なものは多いですが、そういったものは機能も最低限になってしまって使いにくいことが少なくありません。

 

一方で多機能なものは本当に多機能で、とても使いこなせないような多くの機能のために画面表示がごちゃごちゃしてしまうきらいがあります。

 

そのバランスをしっかり取りつつ、見た目はすっきりしている…………シンプルとは本来こういうものを指す言葉なのだと感じます。

 

 

情報が読み取りやすい月表示画面

スクリーンショットを見ていきましょう。

まず、こちらがメイン画面となる月表示です。

仕事の予定が入っているのでモザイクだらけになっていますが、ご容赦ください。

 

“minical”は月表示が基本となっており、週表示や単日表示はありません。

カレンダーアプリの使い方は人それぞれ、とはいえ月表示が最も重宝するのではないかと思います。僕もほとんどの場合、カレンダーアプリは月表示で使っています。

 

画面下部にはタップした日の予定がリスト形式で表示されます。

 

左がminical、右が純正カレンダー

 

この表示形式、実は純正カレンダーアプリのレイアウトに準じているのが分かります。

でも並べてみると一目瞭然、“minical”の方が断然使いやすいと感じます。

というか純正カレンダーアプリが純正アプリの中でも稀代の見にくさなんですよね。

 

 

予定作成画面も使いやすい

予定作成は月表示下部の単日リストの一番下から。

こんな画面が開きます。

実際は予定のタイトルにフォーカスが合って、キーボードが表示された状態で開いてくれるので、すぐに入力が始められます。

必要な情報は最低限のアクション数で入力できるよう工夫されていると感じます。

通知も細かくカスタム設定できます。

 

またテンプレート機能という便利なものがあり、よく同じ予定を作成する場合はテンプレートに登録しておくと次から一発で作成できます。これがなかなか便利。他のカレンダーアプリではあまり見かけない機能です。

 

 

多彩なウィジェット

ウィジェットが豊富で便利なのも“minical”の特徴です。その数なんと15種類!

 

1日の予定を表示するものから1週間あるいは2週間の予定を表示するもの、1ヶ月を俯瞰するもの、果ては先月や来月の1ヶ月分の俯瞰まで、バリエーションに富んでいます。

 

個人的には当日を含めた直近の予定がリスト形式で表示されるウィジェットがとても便利に感じます。これまで使っていた他のカレンダーアプリもそのタイプのウィジェット目当てで使っていたんですが、表示情報量が少ないのが不満でした。

“minical”では簡潔な表示で翌日と言わずその次の日くらいまで表示してくれるので、直近の予定が一目で分かって助かります。

 

個人的にはこのウィジェットが“minical”の一番の魅力に感じているくらいです。

 

 

見やすさへの執念と言っていいほどのこだわり

シンプルでミニマム、ゆえにカレンダーアプリというごちゃごちゃしがちなジャンルでも非常に見やすい画面を維持しているのが“minical”の美点ですが、そのためのこだわりはとても好印象です。

 

設定メニューの中の外観に関する項目はとても充実していて、フォントサイズもプラス側、マイナス側どちらにも調整できるなど、痒いところに手が届きます。

実際僕はiPhoneではマイナス、iPadではプラスに調整しています。

またすぐに表示が確認できるプレビューが同じ画面内にあるのも気が利いています。

 

画面の見やすさへのこだわりは広告にも現れています。

無料アプリゆえに広告が表示されるのですが、この手のアプリではメイン表示画面の上部または下部に帯のように広告が表示されるものが多いところ、この“minical”では使用していると時折数秒の広告が挿入される程度で、普段はほとんど意識せずにアプリを使えます。

もちろんメインの表示画面には広告が出てこないので、せっかくのスッキリしたデザインが台無しになるといったこともありません。

 

また、その広告はアプリ内課金でPro版を購入すれば非表示にできます。

Pro版は1回のみ買い切りの1,480円。月額課金ではないところも好感が持てます。

またPro版を購入すると外観の設定のうちカラーテーマやフォント、アプリアイコンなど設定のバリエーションが増えます。

 

アプリとしては少し高めの値段のようにも思えますが、月額課金が多いカレンダーアプリというジャンルの中ではとても良心的な価格設定だと思います。

 

 

操作系がiOSの標準

カレンダーや予定管理系のアプリって、独自の操作をウリにしているものもあるんですが、そういったアプリではたったひとつのアプリのために操作を覚えないといけないのが難点なんですよね。

その点この“minical”は奇をてらわないiOS標準の操作系で成り立っています。

だから他のアプリからの乗り換えもスムーズですし、使いにくさも感じません。独特な操作を覚える必要はありません。

 

そもそもこのアプリ、iOS標準のiCloudカレンダーやGoogleカレンダーに対応しています。それも乗り換えを楽にしてくれるいいポイントです。

 

見やすいだけでなく、使いやすい。

誰でも当たり前のように使える。それがこのアプリのいいところです。

 

 

Download on the App Store

 

というわけで、今回は最近見つけたとても優秀なカレンダーアプリ“minical”のご紹介でした。

「こういうのでいいんだよ」ではなく「こういうのいいんだよ」と言いたくなるような、僕にとってはニーズにぴったりハマる逸品でした。

みなさんも見やすく、使いやすいカレンダーアプリをお探しなら、ぜひ試してみてください。

 

オリジナル青春百合小説、好評販売中です

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。