スポンサーリンク

こんにちは、あきほ(@arkeninger)です。

今回は自分用のメモも兼ねて、Apple Watchを便利に使うための設定『再生中アプリの自動起動を停止』を書いておきます。

 

 

 

 

再生中アプリの自動起動を停止する

Apple Watchには『再生中』という名前のアプリが標準で搭載されています。

iPhoneで音楽を再生しているとこの再生中アプリが自動で起動し、Apple Watchの側でもその情報が表示されます。さらにApple Watchから曲送りや一時停止などの操作も行えます。

これはiOS標準のミュージックアプリに限らず、サードパーティの音楽再生アプリでも同様の挙動をします。

 

しかしこの再生中アプリ、ちょっと鬱陶しいんですよね。時計の画面に曲の情報が表示されるのはいいんですが、再生中アプリを開くので普段の文字盤が隠れてしまうんです。

ちょっと時間を確認しようとしてチラッと文字盤を見たら、曲の情報が表示されていて時間が分からない、なんてこともしばしば。いやよく見ると右上に表示されてるんですけどね。期待した画面と違うので一瞬で確認できないわけですよ。

 

この再生中アプリ、デフォルトでは曲を再生していると自動で起動して常に表示されるようになっているので、時間を見るために手動でデジタルクラウンを押し込んで文字盤画面に戻るなんて操作をする羽目になります。これでは本末転倒というもの。ハードボイルドでもありません。

そこでこの再生中アプリの自動起動をオフに設定します。

 

設定方法

iPhoneから設定

Watchアプリ > マイウォッチタブ > 一般 > 画面をスリープ解除 > 『オーディオAppを自動起動』をオフに

 

Apple Watchから設定

設定アプリ > 一般 > 画面をスリープ解除 > 『オーディオAppを自動起動』をオフに

 

再生中アプリの自動起動を停止しても、曲を再生中は文字盤の上部にアイコンが表示され、これをタップすると再生中アプリが開きます。

 

そもそも最近は曲を聴くためのイヤホンの側に一時停止や曲送りのためのコントローラーがついているのが普通ですから、操作だけであれば時計で操作するよりよほど早いんですよね。再生中アプリが常に開いていてほしいという需要は少ないのではないでしょうか。

使わない機能はさっさとオフにしてしまった方がイライラしなくてすみますね。

 

.

【今だけ初回1,000ポイント】Amazonで買い物をするならAmazonギフト券がお得!

現金チャージの際に通常会員で最大2.0%、プライム会員は最大2.5%のボーナスポイントが付きます。

しかも今だけのキャンペーンで初回1,000ポイントもらえます。

まず一度ギフト券を購入して、その残高から買い物をするだけ。Amazon用の財布を持つような感覚ですね!

残高の利用期限も10年とほぼ無視できるレベルに長いので、期限切れの心配もありません!

Amazonギフト券チャージタイプ

 

どうせAmazonで買い物をするならデメリットは特にないので、使わない手はないですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です