スポンサーリンク

こんにちは、あきほ(@arkeninger)です。

先日Amazonのタブレット端末、Kindle Fire HD 8を購入し、レビュー記事を書きました。

今回はその後どう使っているか、どう生活が変わったかという視点で少し書いておこうと思います。購入を検討している人が購入後のイメージを描く手助けになればと思いますし、すでに所有している人でも再発見があるかもしれませんね。

 

気軽に本を買うようになった

やはり特筆すべきはその手軽さです。

  • 本を買うのに書店に行く必要がない
  • 自分がシリーズの何巻まで持っているかを覚えておく必要がない
  • 買った本の物理ダメージを心配してカバー等をいちいち付け替える必要がない
  • 鞄の中でかさばることがない
  • 重くない
  • 家の中で本棚が占領する面積を気にすることがない
  • 本棚の重さと床の耐久度を気にすることがない
  • 最近読まなくなった本を奥にしまうために棚卸をしなくていい
  • それをふと読みたくなってまた棚卸をしなくていい

紙の本を読むためには『読む』という行為以外に思ったよりもたくさんの手間がかかっていて、むしろその手間のほうが原因で肝心の『読む』ことを敬遠してしまう事さえあったのだと気付かされます(本屋に行くのが面倒だから今度でいいや、あの本を奥から探すのが大変だから今度でいいや、など)。

そしてそういう細かい面倒臭さが積み重なると、結局本を買うこと自体少なくなり、本を読まなくなるんですよね。

僕はもともと小説やマンガはよく読んでいましたが、気付けばほとんど本を読まない生活でした。今回Kindle Fire HD 8を買ったのは『ちょっとマンガでも読もうかな』というくらいの気持ちだったのですが、あれよあれよという間に読みたいマンガが増え、ついでに小説も増え、いきなり本を読む習慣が生活の中に舞い戻って来ました。

本を買うこととその管理がこんなに手軽になるというのは個人的には大きな違いです。当たり前なんですが読書の本質は『読む』ことですから、『読む』ことをこそ追求するのがハードボイルドというもの。その周辺の煩わしさはなるべく排除して、手軽な方がいいですよね。

読みたいと思ったら即購入して読むまで1分以内。いやあ、これは素晴らしいです。素晴らしすぎて本を買いすぎて破産してしまう。

 

 

セールやポイント還元でかなりお得に買える

ついつい今までよりも本を買ってしまう背景のひとつが、かなり安く買えることです。

同じ本でも紙の本とKindle版とでは値段が違い、Kindle版のほうが10~30%くらい安く買えるのは当たり前。それだけでも充分安いのに、さらにKindle版は頻繁にいろんな本がセールになっていてかなり安く買えるほかポイント還元セールも多く、Amazonのポイントで買った本でついたポイントで本を買ってついたポイントで本を買ってついたポイントで……という錬金術のようなことまでできてしまいます。さらに期間限定無料というのもあります。

結果『表紙で何となく気になる』レベルの本を欲しいものリストに放り込んでおいて、セールになっている時に買うような買い方をするようになりました。

よく『紙の本には書店での偶然の出会いがある。電子書籍にはそれがないから紙の本の方が優れている。』という主張を見かけますが、あれは間違ってますね

少なくとも僕はKindle本セールのラインナップを見ていたり、おすすめとしてサジェストされる本を見て、あるいは期間限定無料などで、書店だったら手に取らないような本でも気になって、読んでみて気に入るという経験を短い間に既に何度も繰り返しています。いやあ、これは素晴らしいです。素晴らしすぎて本を買いすぎて破産してしまう。

セール情報などは以下のサイトをチェックしています。Amazonの電子書籍ストアまわりのUIは少し分かりにくかったり整理されていなかったりすることが多いので、大変助かっています。

きんどう – あなたのポチッを加速させるメディア

キンセリ – Kindleセールのリスト

 

 

無料で読める本も多い

Kindleの電子書籍ストアは普通に本を買うだけでなく、サブスクリプションサービスなどいくつかのお得な本の読み方があります。これを駆使すると無料の範囲でもかなりの冊数を読むことができますし、その対象の本を眺めているだけで『偶然の出会い』もたくさんあります。Kindle Fireタブレットは安いですし、それだけで元が取れるというものです。

 

期間限定無料

マンガなどは第1巻や第2巻に限って期間限定で無料で読めるキャンペーンをやっていることが多いです。試し読み的に使うことができますね。

 

Kindleオーナーライブラリー

プライム会員で、なおかつFireタブレットを含むKindle端末を持っていると、1か月に1冊に限って無料で取得することができます。ラインナップは正直まったく全容が見えませんが、何となく個人的には小説やエッセイが多い印象でした。

対象の冊数が少し少なめなうえ探しにくいのですが、Kindle端末から電子書籍ストアで『プライム対象』と検索すれば購入ボタンのそばに『無料で読む』ボタンが表示され、その下には『Kindleオーナーライブラリー』と表示があります。

Kindle端末からのアクセスでないと通常購入になってしまうので注意しましょう。

このあたりは別の方のブログで詳しく解説されていましたのでご紹介しておきます。

まじめにバカをやっていく『HIPOLVAS』 – 主にIT関連の情報をウニャウニャお届けするブログ

また、Kindleオーナーライブラリーで取得した本はKindle端末からしか読めませんので、iPhoneのKindleアプリ等ではライブラリに表示されず、読むことはできません。

 

Prime Reading

Amazon Prime会員であればPrime Readingというサービスが標準で使えます。これは対象の本を読み放題になるサービスで、同時に10冊までライブラリに加えることができます。11冊目を読みたいときは10冊の中から選んで1冊の利用を終了し、ライブラリから削除する必要がありますが、一度削除した本もまた同様にライブラリに加えることができます。

もちろんプライム会員料金がかかるわけですが、Kindleタブレットを買うような人は多くが既にプライム会員だと思うので、実質無料の感覚です。

このPrime Readingは小説、マンガ、エッセイ、実用書などジャンルも幅広く冊数も多いので充分楽しめます。ただし、小説や実用書など1冊で読み切りの本はいいんですが、マンガなどでは1巻のみ対象になっているタイトルが多いので、気に入って続きを読みたいというときは通常通り購入する必要があります。

とはいえ試し読みで『偶然の出会い』を探すにはとても有用です。

そしてなんといってもPrime Readingには雑誌が含まれます。雑誌と定額読み放題サービスの相性は最高ですよ! 興味あるページだけつまみ食いしたいだけなのに1冊丸ごと買う料金を払わなくて済みますし、読んだ後の処分の手間もありませんし、かさばりませんし重くない。しかも雑誌、『おっ』と思ったページだけクリップ代わりにスクリーンショット撮れますよ。ただし電子書籍の宿命として付録は付きません。

 

Kindle Unlimited

こちらはPrime Readingとは別扱いで、さらに大量の本が読み放題になる上級サブスクリプションサービスです。月額980円。プライム会員でも追加で料金がかかります。一方でプライム会員でない人でもこちらに加入すればPrime Reading以上の読書体験ができます。

ラインナップはPrime Readingをさらに拡充した感じですが、ひとつ注意が必要なのはやはりマンガ等で、Prime Reading同様シリーズの全ての巻が対象になっているタイトルは少なく、1巻~3巻までだけが対象などといった形なので、気に入って続きを読みたいなら通常通り購入する必要があります。

とはいえものすごい数の本が対象なので、今後の人生の空き時間全てを読書に費やしても読み切れないほどの本を読み放題にできる料金としては、充分検討の余地があると思います。また、読みたい本がある時だけKindle Unlimitedに加入して、読みたい本がなくなったら退会してという使い方ができるので、無駄なく賢く使えばかなりお得になります。たまに入会キャンペーンもやっているのでそういう時を狙うのもいいですね。

Kindle Unlimited登録はこちら

 

インディーマンガ

Kindleの電子書籍ストアに登録されているインディーマンガはすべて無料で取得できます。インディーとはいえTwitterで話題になったものなども含まれていますし、充分楽しめます。

むしろこういうダイヤモンドの原石を探すようなのって違う種類の楽しさもありますし、磨かれ過ぎていない素朴な石ほど好きになったりもするものです。

 

こういった無料で読める本や読み放題サービスのおかげで、自分が今まで興味がなかった傾向の出版社の本や、書店だったら手に取っていなかったであろう本との『偶然の出会い』も増えましたし、その中のいくつかのタイトルはすでに続きも購入したり次にセールになった時に買おうと欲しいものリストに加えたりしています。

Kindle Fireタブレット自体はたった数千円なのに、それがもたらす読書体験がこんなに豊かだとは思っていませんでした。本当にコスパの高いタブレット端末です。いやあ、これは素晴らしいです。素晴らしすぎて本を買いすぎて破産してしまう。

 

 

Amazonならではの統合体験!

さらに、読書体験が読書体験にとどまらないというのもAmazonならではかもしれません。

僕の場合はPrime Readingで出会ったマンガが気に入って、アニメ版もPrimeビデオでチェックするようになったタイトルがありました。Kindle Fire HD 8はPrimeビデオを観る用途にも充分使える画面サイズと解像度です。これは使い倒してる感があります!

本当に本当にコスパが高い。いやあ、これは素晴らしいです。素晴らしすぎて本を買いすぎて破産してしまう。

 

Kindle Fireタブレットを買って生活はこう変わった!

  • だらだらと目的もなくスマホをいじっていた時間が読書に置き換わることで時間の無駄遣いが減った(個人的には読書のほうが切り上げやすい)
  • ちょっとしたスキマ時間でも本を読むことが増えた
  • これまで興味がなかったジャンルや出版社の本も試すようになった
  • その中からお気に入りが生まれた
  • 移動時間等で退屈しなくなった
  • 自分が本好きだったことを再確認した
  • 買いたい本が増えた
  • 積み本が増えた
  • 本棚捨ててもいいんじゃね? と思い始めてきた
  • もっと早く読書環境はKindleに全面移行すればよかったと思うようになった
  • 仕事の出張や旅行に持っていく荷物も減った(旅行雑誌やガイド誌もKindle版でOK!)
  • 美容院で出された時くらいしか読んでいなかった雑誌も読むようになった

いやあ、これは素晴らしいです。素晴らしすぎて本を買いすぎて破産してしまう。

 

Kindle Unlimited登録はこちら

 

.

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です