はい、またカバーです。

上質なアテンザを目指して後付けしたもの、第二弾としてドアストッパーカバーをご紹介します。

 

 

前回ご紹介したドアストライカーカバーに続いてドア周りの金属部品を隠すカバーになります。錆び防止やすでに錆びてしまっている場合でも錆び隠しになります。

 

今回カバーをはめるドアストッパーとは

ここです。ドアの蝶つがいの部分ですね。

 

これを

こうします。

 

説明不要ですね。

 

モノ自体はこんな感じです。

 

前回ご紹介したドアストライカーカバーはパチッと小気味いい感触でハマったのですが、こちらは取付時にそういった感触のフィードバックはないため、「これでいいのかな?」と若干不安になりましたが、特にズレてしまうとかポロッと落ちてしまうとかのトラブルはありませんでした。

 

これに関してもドアストライカーカバーと同様、魂動デザイン以降のマツダ車であればどの車種でも共通で使い回すことができます。

 

Amazonでいろいろな類似品がありますが、僕が購入したのはこちら。ドア4枚分のセットでなんと159円です。

ドアストライカーカバーと共に、納車に合わせて購入しました。

 

ちょっとした上質感アップのためのアイテムで、これも所詮自己満足の世界です。ただ、ドアストライカーカバーと比べると奥まったところにあるパーツのため目に入りにくく、満足度はそこそこですね。錆び防止の観点では確実にないよりはあった方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です