タイムセール祭り! 下のバナーからログインでポイントもらえる!

こんにちは、あきほ(@arkeninger)です。

iPadを購入したらぜひ一緒に使いたいアクセサリーがスタイラスペン。Apple準製品のApple Pencilが有名です。

 

しかし、Apple Pencilは高機能ないっぽう値段もかなりするので、サードパーティのメーカーから出ている格安のスタイラスペンが気になるところですよね。

 

今回は僕がiPadと一緒に購入した格安スタイラスペンについて書きます。

 

 

 

まず、これを見ているあなたがもしイラストレーターさんだったり漫画家さんだったりして、iPadでイラストを描くつもりであれば、もうこの下は読む必要はありません。

大人しくApple Pencilを買うのがいいでしょう。

 

そうでない方なら、ぜひこの続きをどうぞ。

 

 

JAMJAKE スタイラスペン

今回購入したのは数ある類似品の中でも高評価となっているJAMJAKEのスタイラスペンです。価格は3000円程度。

 

パッケージにはでかでかと『Stylus Pen』の文字。ちょっとシュールです。

MADE IN CHINAも目立っています。

 

中身はペン本体と替え芯が2本、スタートアップガイド。

 

充電はUSB-Cです。1回の充電で10時間使用できます。

充電口の左に見えている黒い点はインジケーター。ペンの電源がオンになっている時、青く光ります。

 

 

スタイラスペンの便利さは使ってみると分かる

Apple Pencilに限らずスタイラスペンがあると、メモを取ったりタブレットスタイルで細かな操作をしたりするのにはとても便利です。

 

ペン先は指よりも細く、より正確なタッチ操作が可能となります。

また指先には当然爪がついているので、画面に対して垂直に近い角度のタッチになるほど操作がしにくくなります。iPhoneのような小さなデバイスならともかく、iPadのようなタブレットでは角度がきついこともあるでしょう。

そんな時、スタイラスペンは快適な操作を実現してくれます。

 

事実、検索欄などに一言二言程度の文字を入力する時も、スタイラスペンを使って直接書き込んでしまうほうがソフトウェアキーボードで入力するよりも速いことが多いんです。これは実際に使ってみて初めて気付いたことでした。

 

使用感についても、目立った遅延もなく、メモの書き込み程度であれば充分自然と言えるレベルの書き味です。

 

とはいえ完全にアナログの鉛筆のような書き味とまでは言えず、デジタル特有の手応えの薄さのようなものを感じます。この辺りは筆圧検知機能などがあればカバーできるような気もしていて、そういう意味でもやはりApple Pencilは純正だけあって強いと言えます。

 

少しでも書き心地を向上させたいとか、線の太さも含めて思うがままに描きたいとなればApple Pencil、便利に使いたいけどそこまでは別に……というのであれば格安スタイラスペンという選択で良いかと思われます。

 

Apple Pencilと格安スタイラスペンの機能面の違い

では、それ以外に目立つ機能ではどのような点が違うのでしょうか。

実際に使ってみて個人的に感じたところで言えば、大きいのは次の2点です。

 

 

電源オンは自動ではない

Apple Pencilの場合はiPad側面に磁石で吸着させた状態から取り外すだけで自動的に電源がオンになり、もう書き始めることができる状態になります。

しかしそのような機能はApple Pencil独自で、サードパーティのスタイラスペンはほとんどがペンの後端を指などでタッチすると電源オンになるという仕様。使い初めにワンステップ必要となります。

 

とは言っても、実際サードパーティのスタイラスペンを使う時は、指でなくても手の甲や顎などどこで触れても電源オンになってくれますので、書き始める際にペンの後端部をちょんと顎や頬に触れさせるようにするだけでほとんど手間を意識せずに書き始めることができます。

 

ちなみに電源オフは5分程度の時間経過で自動的にスリープするという仕様です。

 

 

インスタントメモ機能は使えない

個人的に一番大きいのはこちらだと思っています。

iPadにはロック状態のままApple Pencilで画面に触れると即座にメモが書き始められるインスタントメモという機能があるのですが、これはApple Pencil限定です。サードパーティのスタイラスペンでは一切反応しません。

iPadをしまっている状態から取り出して1秒でも早くメモを取りたいという場合はApple Pencilが間違いなく最速です。

 

もちろん、ロックを解除してやればホーム画面からクイックメモ機能が使えますから、数秒程度の差しかないのですが、こだわる場合はサードパーティのスタイラスペンは選べませんね。

 

もしこれらの機能がどうしても必要なら選択肢は初めからないも同然でApple Pencilを買えばいいだけの話なんですが、これらを重要視しないのであればその5分の1程度の価格でサードパーティのスタイラスペンが買えてしまいます。

 

 

賢い選択

Apple Pencilは第2世代が15,950円と、決して安くないどころかスタイラスペンとしては高価な部類に入ります。

イラストを描くなどの用途でガッツリ使うならそれでも惜しむべき金額ではないと思いますが、そうでないのであればその予算をSmart Keyboard FolioMagic Keyboardにあてるほうが満足度はより高いでしょう。

 

限られた予算でiPadと周辺機器を揃えようとした場合に、(イラストを描く人でないのであれば)サードパーティの格安スタイラスペンは非常におすすめです。

優先度の低いものはコスパを重視して、その分優先度が高くて品質にこだわりたいものに予算を回しましょう。

5月のAmazonタイムセール祭り!


今回もタイムセール祭りでお得にお買い物しちゃいましょう!

ポイントアップキャンペーンのエントリーもお忘れなく!

<セール会場>

 

【今だけ初回1,000ポイント】Amazonギフト券でお得に買い物!

現金チャージの際に通常会員で最大2.0%、プライム会員は最大2.5%のボーナスポイントが付きます。

しかも今だけのキャンペーンで初回1,000ポイントもらえます。

まず一度ギフト券を購入して、その残高から買い物をするだけ。Amazon用の財布を持つような感覚ですね!

残高の利用期限も10年とほぼ無視できるレベルに長いので、期限切れの心配もありません!

Amazonギフト券チャージタイプ

 

オリジナル青春百合小説、好評販売中です

タイムセール祭り! 下のバナーからログインでポイントもらえる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。